簡素型やユーザー車検代行、国の車検の実施方法にも目を向けた方が良いです。場合によっては整備不良や危険なまま車検合格が有りえます

○今から20年前の平成7年アメリカの圧力により車検制度は大幅に後退し安全は損なわれました

 

○ニューサービスという名の下、知識も技術も無い異業種が参入し見本になるはずの国の検査場

 

独立行政法人となり民間車検では禁じられているブレーキやスピードメーター検査を省略した

 

ペーパー車検を行い記載事項の違う記録簿もそのまま通してしまう様になりました

 

民間車検では許されないが国の検査場は許される事柄???

 

①同一性の違い記事はこちら

 

②クラッチペダルのない車がクラッチOKで合格する車検記事はこちら

 

燃料装置欄を全てチェックしてあり使用燃料がガソリン、軽油、LPGで車検合格していました

 

③サイドブレーキが利かなくて車検に通る記事はこちら

  

②③は会社を含めて車検整備等を行う資格の無い業者です詳細はこちら

  


 

 ○中古車を例にとると車検2年付の多くは自賠責保険料と重量税を支払い済みで

 

2年の車検はあるが、いつ壊れるかわからないと言う昔とは違う車検の実態

 

○ディーラー購入でも別途の中古車保証契約を勧めています

 

平成7年以前、そのような中古車は皆無で高品質で整備保証もあり中古車保証も無かったのです

 


  

NEW 2017年 レンタカー事業開始しました詳細はこちら

  

弊社で車検、点検整備をすると特典が凄い詳細はこちら

 

弊社で新車購入 リース契約も特典が凄い詳細はこちら

  

衝突軽減ブレーキテスト映像や評価 ワイパーで機能停止という車も有るので参考程度に詳細はこちら

  


 

Showing 1 - 20 of 58 Articles

123 次へ >

Home » 整備日誌 » 簡素型やユーザー車検代行、国の車検の実施方法にも目を向けた方が良いです。場合によっては整備不良や危険なまま車検合格が有りえます
Since2008©Y-ARMS, Ltd. Some Rights Reserved.