新車のギアオイルが少ないのは当たり前 保証期間に壊れればタダ 保証期間過ぎるとお客様負担 弊社はギアオイル補給をお勧めします

2021-09-08 21:33:08

ダイハツハイゼットバン S331V 2019年 40555キロ

 

初回車検整備で入庫 リヤデフから轟音 当然、車検は不合格

 

最近どのメーカーもギアオイルが少ない。

 

メーカーに点検や車検に出しても少ないまま帰ってくるのでオイル補給はお客様負担と言うことになる

 

この車も昨年の法定点検時、少ないことをリース会社に報告し指示を仰いだが「補充しない」とのこと

 

弊社ではギアオイルが少なくて壊れることはあるが、オイルも工作精度も進化しているので

 

適量入っていて壊れると言うのは20年以上前の話なので、お客様には補給をお勧めしています

 

補給オイルは各メーカー指定の上のグレードにしているため純正より高くなります

 

今回1週間以上かかって新車保証整備が終わったが保証期間は3年6万キロ 

 

来年だったら年数か距離をオーバーする可能性が高く、お客様負担となります

 

非常に多いそうです 弊社でもダイハツ車多いですがオイルを足している車では皆無です

 

ひょっとしたら使っているオイルの違いかもしれませんが。

 


  

左 3年目の同じ型式のハイゼットバン 初回の法定1年点検未実施のため

 

 今回ギアオイルを補給した。距離が29000㎞で助かったのかも 

 

 デフオイルは各メーカー共ハイポイドが標準だがATFを使っている車もある

 

右 今回、ダイハツさんで保証修理したリヤディファレンシャル。

 

 

左 リヤデフ 右 トランスファ Fデフも補給したが写真を撮り忘れた

 

新車で適量入れれば良いと思うのですが..某2tトラックはエンジンオイルもローレベルです

 

エアコンのガスも少なくトラブルの元、冷えなければ足せば良いというもので無い詳細はこちら

 

 


  

多くの部品交換し初回車検をとって大手から購入した中古車 再度点検と部品交換に詳細はこちら

  

 

 

Home » 整備日誌 » クラッチやミッション系統 » 新車のギアオイルが少ないのは当たり前 保証期間に壊れればタダ 保証期間過ぎるとお客様負担 弊社はギアオイル補給をお勧めします
Since2008©Y-ARMS, Ltd. Some Rights Reserved.