スペアタイヤのエアがほとんど見てない現実 点検項目なのですが

2017-07-27 08:22:17

車検、法定点検時スペアタイヤの空気圧は点検項目ですが点検していない車が多い

 

写真のダイハツハイゼットトラックはスペアタイヤが逆さに付いてる為、外さないと

 

点検できません。年に1回の法定点検時、作業していれば大抵外れますが

 

新規に弊社に入庫した車は大抵交換となりますしタイヤにエアは入っていません

 


  

右 スペアタイヤキャリア 新旧 回らないので上の部分曲がっています

 

左 アセチレンガスであぶらないと外れない。アセチレンガスは全ての整備工場にはありません

 

ディーラーには大抵無いので回らなければそのままが多いのでしょうね。

 

 


  

車検にも色々種類があります。最悪は平成7年の日米自動車交渉で生まれた整備禁止なのに

 

車検は通る その際提示する作業記録簿も我々認証業者と違い10年前の物でもOKという代行車検

 

国土交通省は代行車検を受けた人に「整備をするようにDMを出している」そうですが、変な車検を

 

やめる事の方が重要です。以前は絶対の信頼を誇ったディーラーでさえ「車検整備」を代行車検の

 

業者にとられ苦戦をしています。我々整備事業者も同様です。

 

安全に安く乗るという事が車検整備や点検整備の目的だと思いますが現実は?詳細はこちら

  

車検直後、オイル、水漏れ、ハンドルがたがた 車検整備は何のため?詳細はこちら

    

オイル交換はオイル漏れを知らせないところではたとえディーラーでも避けましょう詳細はこちら

  

トラック、バスのハブベアリング分解点検は昔と違い義務ではありません詳細はこちら

    

スズキスペーシア 事故でABS破損 診断システムで再設定必要です詳細はこちら

  

イスズエルフ 車検整備中にABS警告が突然点灯詳細はこちら

 

Since2008©Y-ARMS, Ltd. Some Rights Reserved.