代行車検という変な制度が生まれて20年以上 そろそろ見直す時期だと思います

2017-03-07 13:27:17

名義変更でお預かりしたダイハツハイゼット

 

昨年11月車検を取得しているのですが「代行車検」でした

 


  

左 車検時交換したばかりというオイルエレメントから漏れています

 

右 クラッチ周りオイルだらけ 赤丸はセルモーター両方壊れますよ。

 

 

左 一部のメーカーがブレーキ給油脂を省略...スライドピンは全メーカー給油対象です

 

右 スライドピンに給油していないため交換したばかりのブレーキパッドも片当たり 危険です

 

 

左 ファンベルトもオイル漏れでダメ

 

右 寿命を遙かに超えたスパークブラグ 放置するとイグナイターも壊れ数万円かかります

 

 

代行車検というのは多分、「お客様が自分でユーザー車検をした車」をお客様の代わりに検査場に

 

持ち込むという解釈なんでしょうが現実は違いますよね

 

平成7年から始まった自動車ユーザーにわかりにくい車検制度詳細はこちら

 

代行車検には車検終了後「点検整備をする様にとDMを出している」そうですが

 

受け取った自動車ユーザーは困惑してしまいます。

 

車検を受ける前に我々業者任せで無く国が説明するべきです

 

少なくとも「ユーザーが自らの車を整備したのでは無く代行業者が第三者の車を整備している」

 

その中で①ブレーキパッド交換は明確な未認証行為②虚偽申告の法律違反の業者を国が助長し

 

自動車の安全な運行と自動車ユーザーの経済性を阻害しているわけですから説明責任は有ると思います

 


  

弊社の法定点検、車検時は入庫時も勿論、入庫後も特典が付いています詳細はこちら

  

簡易車検のホリ○ー、クリ○○25が本来の車検整備と勘違いされ車検も変わりました詳細はこちら

  

新車でギアオイルが不足し車検でも補充しないディーラー 補充が必要です詳細はこちら

 

トラック、バスのハブベアリング分解点検は昔と違い義務ではありません詳細はこちら

 

 

 

 

Since2008©Y-ARMS, Ltd. Some Rights Reserved.