自動ブレーキがついていて何故事故?事前にデータチェックをお勧め

2021-12-28 19:29:35

○2021年11月の新型車から自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)が義務づけされた

 

メーカーにもよるが2.3年ほど前から自動ブレーキ未装着の新車は販売していない事もあり

 

自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)装着率が高いのに何故事故を起こすのか?

 

左 ダイハツタント 年式により異なりますが古い順にスマアシⅠ.Ⅱ.Ⅲ スマアシ(最新型)

 

があり現車はスマアシⅢ 3年使用 エンスト等のエラーデータはあるが警告灯は点灯せず

 

診断システムつないだときにわかる スマアシⅢにエラー履歴は無い

 

右 スマアシⅢのデータは6ページスマアシになると機能が大幅に増えるためページも増える

 

○データの中でFCW(前方)警報が153回 警報が鳴っても気にとめない状況があり

 

原因を突き止める必要がある 平均すると月に4.25回 警報が鳴っている

 

 

こちらはダイハツハイゼット スマアシⅢt 最新はスマアシ

 

FCW(前方警報)は9ヶ月間で4回 上のタントとは全然違う

 

○ちなみに車線逸脱(道路のラインをウィンカーを出さずに超えそうになる)が13回あるが

 

最新型スマアシは車線逸脱抑制制御(はみ出さないようにハンドルをアシストする)がつきます

 

それだけ点検箇所が多くなり時間が掛かります

 

 

○2021年10月1日 法定点検項目にOBD点検が追加されましたが診断システム(スキャンツール)

 

をつながずメーターの警告灯でチェックしているディーラーも多いです

 

リコールや新車納車整備で発生したエラーも、車検や点検をしてもそのままで納車されますから

 

○「つながるクルマ」でエラーモニタリングしていも、すべてがエラー履歴となるわけでも無く

 

データ確認作業も必要です タイムスタンプが無いのが致命的ですね

 

○警告灯を点灯させないエラーも重要な物が多い 診断システムをつないでチェックをお勧め

 

自動ブレーキがついていても事故は起きる この機会にチェックしてみませんか

 


  

国土交通省のOBD点検のチラシ

   

OBD点検とはスキャンツールを接続して点検するのが基本だがメーカー、システムごとに違うため

 

該当のスキャンツールを持っていない場合はメーターで警告灯チェックする簡易方法でもOK。

 

すべての故障が警告灯を点灯させるわけでは無く見落としが出てしまうので

 

スキャンツールを使うことが原則と読み替えた方が良いでしょうね

 

 
 

 

2022年5月以降発売の新型乗用車にはバックカメラ義務づけ

 

2022年7月以降の新型乗用車には事故情報記録装置が義務づけ 

 

乗用車や軽自動車の自動ブレーキは普通のブレーキを作動させます 

 

新たに設置義務の電子機器はバッテリーを使います。電圧低下の誤動作も怖い

 

現在の新車や車検を通すだけのメンテナンスパックのブレーキやバッテリーではかえって危険です詳細こちら

 

2021年11月以降の新型車とは2021年11月以降に「新型」となった新車のことです

 

新型となっていない場合は「継続生産車」の新車となります

 


  

2021年3月 電子制御装置を含む自動車特定整備事業認証されました詳細はこちら

  

 2021年11月現在 大町支部44工場で弊社を含めて6軒です

 


   

車検項目外の点検整備や多彩な無料サービス込み込み基本1日車検です詳細はこちら

  

弊社で車検、点検整備をすると特典が凄い詳細はこちら

  

弊社で新車購入 リース契約も特典が凄い詳細はこちら

  

法定点検でギフト券等が当たるキャンペーン実施中詳細はこちら

 


  

○弊社はディーラーを含む国土交通省認証工場長野県2082店のうちわずか

  

169店のコンピュータシステム診断認定工場です(令和3年1月1日現在)

 

○自動車整備技術認定資格スーパーアドバイザー在籍県内21名(平成29年9月現在)

  

ハイブリッド、クリーンディーゼル、自動ブレーキ等最新システムは車検項目ではありません

  

車検時も点検しなくてよいとのことです。診断システムを接続しないと点検できません

  

診断システムが1台しか無いディーラーでは全車両チェックはできないと思います

  

弊社は多数の診断システムで車検、法定点検全車両チェック(特殊契約除く)詳細はこちら

  


 

今の新車は錆びる 防錆塗装が必要ですが

 

経験が浅く査定減となり防錆効果の薄いディーラーの耐塩カル施工例詳細はこちら

 

今の新車が何故錆びるか写真でご説明詳細はこちら

  

車検時の黒塗装と耐塩カルクリアーは全くの別物で防錆効果も違います 白馬通勤5年詳細はこちら

    


 

ヘッドライト傷をつけない特殊研磨2年保証メンテナンスパック詳細はこちら

   


 

フロントガラスひび修理保険対応 詳細はこちら

 

フロントガラス交換等の自動ブレーキエーミング調整が新たに加わりました詳細はこちら

 


  

雨の夜違いがはっきりわかるフロントガラス油膜除去+撥水コーティング2年保証

  

フロントガラスは他のガラスと違い薬剤が使えないため新車時コーティングが必要詳細はこちら

 


 

車検、法定点検に入庫された方へ色々な特典をご用意こちらをクリック

 


  

○新車販売○頭金不要期間中の税金、車検コミコミ個人/法人リースも行っております記事はこちら

 


 

新車納車整備の一部抜粋はこちら  

 


  

中古車納車整備の一部抜粋はこちら

 


 

中古車購入時にしか加入できない中古車保証。他店購入はご相談ください詳細はこちら

 


 

○新しい車ほどエアコンガス規定量は少ない ガスも規定量は入っていない事が多い

 

○エアコンが壊れる 燃費が悪い 内気循環になりコロナ対策の換気ができないためカビと臭いがつく

 

○エアコンガスクリーニングで配管内を真空清掃し新品ガス以上に精製して不純物を一掃するシステム

 

特許のため他のシステムとの差になり最悪は10万円以上の修理代となってしまう

 

弊社の機械は一般的な機械の2~3倍の価格 すべてに高性能詳細はこちら

  

○「どこですれば良いの?」回答はエアコン修理を行っているところが良いですよ

 


  

整備専業店だからできる特殊工具記事はこちら

 

 

 

 

 

Home » お勧め整備のお品書き » 自動ブレーキがついていて何故事故?事前にデータチェックをお勧め
Since2008©Y-ARMS, Ltd. Some Rights Reserved.