最近多くなったベルトを伸ばしてかける車の先祖 スバルフォレスター ベルトに工具が付いていること自体が無駄

2016-09-16 18:13:14

ベルト調整機構を持たずベルトを工具で伸ばしてかける車多くなりましたが

 

その祖先スバルの一部の車 今回はフォレスターSH5 2009年車

 

プラステックの工具が付いて6200円のベルト 

 

大きなプーリーを一段飛び越して小さなプーリーにはめるためベルトがねじれて劣化する

 

ベルト調整機構をつけたく無ければプーリーの位置を変更して市販の工具でかけるようにすれば良い

 

無駄な機構ですね オルタネータベルトには調整機構も付き1600円ですから

 


  

左 外すときは切断 つけるときの工具がベルトに入ってくるので高い 左 工具の説明書

 

環境問題で材質の変わったベルトは3万キロ台で交換が推奨されています

 

結構な負担となりますね。

 

 

市販のベルト脱着工具の一部記事はこちら

 


  

ファンベルトに「穴」が開きましたスズキエブリィDA64V 記事はこちら

 

ファンベルトの山欠けスズキジムニー記事はこちら

 

ファンベルトが硬化して削れてしまう スズキキャリー記事はこちら  

 

ふそうFG72 ファンベルトステーに秘密の仕掛けが....記事はこちら

 

トヨタ小型車系ベルト異音の原因はプーリー...記事はこちら

 

2つに裂けたパワステベルト トヨタプロボックス  記事はこちら

 

オイルによるファンベルト鳴き 三菱ミニカ 記事はこちら

 

パワステベルト鳴き マツダボンゴ記事はこちら

 

トヨタヴィッツ ベルト鳴き記事はこちら

 

BMW E39 テンショナーベアリング異音記事はこちら

 


  

○弊社はディーラーを含む国土交通省認証工場長野県2091店のうちわずか

 

129店のコンピュータシステム診断認定工場です(平成28年11月現在)

 

○自動車整備技術認定資格スーパーアドバイザー在籍県内25名(平成28年1月現在)

  

ハイブリッド、クリーンディーゼル、自動ブレーキ等最新システムは車検項目ではありません

  

車検時も点検しなくてよいとのことです。診断システムを接続しないと点検できません

  

診断システムが1台しか無いディーラーでは全車両チェックはしていません

  

弊社は多数の診断システムで車検、法定点検全車両チェックしています詳細はこちら

  


 

今の新車は錆びる 防錆塗装が必要ですが

 

経験が浅く査定減となり防錆効果の薄いディーラーの耐塩カル施工例詳細はこちら

 

今の新車が何故錆びるか写真でご説明詳細はこちら

 

2014.9弊社の耐塩カルクリアークリアー施工 2年白馬通勤しても錆びない詳細はこちら

  


 

ヘッドライト傷をつけない特殊研磨2年保証メンテナンスパック詳細はこちら

 


 

フロントガラスひび修理保険対応 詳細はこちら

 


  

雨の夜違いがはっきりわかるフロントガラス油膜除去+撥水コーティング2年保証

 

傷の無い新車施工がオススメ詳細はこちら

 


 

車検、法定点検に入庫された方へ色々な特典をご用意こちらをクリック

 


  

○新車販売○頭金不要期間中の税金、車検コミコミ個人/法人リースも行っております記事はこちら

 


 

新車納車整備の一部抜粋はこちら  

 


  

中古車納車整備の一部抜粋はこちら

 


 

中古車購入時にしか加入できない中古車保証も取り扱い。他店購入はご相談ください

 


 

見えづらいガラスやミラーのウロコ除去 詳細はこちら

 


 

整備専業店だからできる特殊工具記事はこちら

 

 

 

 

 

Home » 整備日誌 » 最近多くなったベルトを伸ばしてかける車の先祖 スバルフォレスター ベルトに工具が付いていること自体が無駄
Since2008©Y-ARMS, Ltd. Some Rights Reserved.