クリーンディーゼル、冷凍機が車検項目外でもあまりにお粗末なディーラー車検 車がが使えなくなりました

2018-07-08 13:17:35

冷凍車の修理が相次いでいるのでレンタカーをお客様に使ってもらっています

 

新しい車でディーラーで車検をしていて1ヶ月くらいですがDPR再生がタイムアウトする

 

警告灯点灯しエラー消去し強制燃焼

 

再生用インジェクターが固着している 燃焼温度も恐ろしく高い

 

レンタカー業者を通じてディーラー確認したところ「警告灯点いていなければ大丈夫」との答え

 

恐ろしい頻度でのDPR再生回数に加え燃焼温度が高く黒煙も吐く。

 

 


  

昨日、冷凍機が効かなくなったとのことで立ち寄って戴く

 

コンプレッサーのクラッチは錆だらけ ベルトも切れている

 

代わりの車が大きいため、お客様に修理段取りを変更していただく

 


  

左 冷凍機コンプレッサークラッチは錆びてガタガタ

 

右 飛び散った錆 1ヶ月前の車検時も錆は出ていたと思います

 

 


  

平成8年 車検制度の安全性は大幅に後退し安全性は大きく損なわれています 新型車が安全性を

 

高めても車検ではチェックしていません。昔は安心のディーラー車検も今は違います詳細はこちら

 


  

弊社では多数の診断システムを保有し車検項目外のクリーンディーゼル、ハイブリット、

 

自動ブレーキ等同時チェックしています 今や重大故障でも警告灯は点灯しないものが多く

 

診断システムを接続する必要が有りますが1台しか診断システムを持たないディーラーでは不可能です詳細はこちら

  

ディーラー神話の威力は凄く一般の整備工場がディーラーを上回る仕事をしても評価されないですね

 


 

 純正オイル交換が原因でエアコン効き悪くアイドル不安定トヨタノア詳細はこちら

 

 

 

Home » 整備日誌 » バッテリー&電装品 » クリーンディーゼル、冷凍機が車検項目外でもあまりにお粗末なディーラー車検 車がが使えなくなりました
Since2008©Y-ARMS, Ltd. Some Rights Reserved.